イエティの雪だるま投資記

20代社会人の長期投資ブログ エナフンさんを師として「100万円長期投資」等に挑戦中 ツイッターやってます

エクかぶ#3 Excel作りは料理と同じ?

こんにちは イエティです。

本日は「エクかぶ(Excel×株)」の第3回をお送りします。(更新が遅れてすみません💦)

今回の内容は、「Excelシートの作り方・全体の流れ」についてです。

具体的には見やすく、簡単・便利なExcelシートを作るのに必要な4つのステップを紹介します。

また、「マイPF管理シート」も今回紹介する4つのステップに則って作成していきます。

今回の内容は「エクかぶ」全8回の中でも

非常に重要な部分になりますので

是非、最後までお読み頂けると幸いです。

 

#3 Excel作りは料理と同じ?

Excelシート作りは

  1. 必要な情報の策定
  2. 情報の収集
  3. 情報の整理
  4. 見た目の整理・仕上げ

以上の4ステップで作ります。

分かりづらいですね。

それでは、「料理」で例えながら一つずつ見ていきましょう。

①必要な情報の策定(レシピ)

まず始めに、作りたいExcelシートに必要な情報が何かを洗い出します。

これは、料理作りでいうレシピに似ています。

f:id:ieteli:20180721142056p:plain

 例えばカレーを作る際には、

・カレールウ

・ご飯

・各種具材(じゃがいも、にんじんなど)

・水

・鍋

などの材料や調理器具が必要ですよね。

これと同じ要領で、作りたいExcelシートに必要な情報を洗い出し、レシピを作ってみましょう!

f:id:ieteli:20180721141952p:plain

②情報の収集

必要な材料(情報)が分かれば、早速集めてみましょう。

料理なら、スーパーやコンビニなどに買い出しに行くように

Excel

・株式情報サイト

・新聞・本

・メディア情報

などを使って必要な材料を収集しましょう。

f:id:ieteli:20180721142325p:plain

③情報の整理

必要な材料(情報)が集まったら、早速加工しましょう。

これは料理でいう「調理」ですね。

 材料を切り、炒め、焼くなどして調理するのと同じように、

Excelも関数などを使って、完成イメージに近づけていきましょう。

f:id:ieteli:20180721142411p:plain

④見た目の整理・仕上げ

材料(情報)を加工したら、いよいよシートを完成させましょう。

これは、料理で言う「盛り付け」ですね。

Excelでは円グラフや棒グラフ、ウォーターフォール図など分かりやすい図・グラフ

が沢山あるので、「盛り付け」感覚で仕上げていきましょう!

f:id:ieteli:20180527000333j:plain 

まとめ

 これが「イエティ流 簡単Excelシート」の作り方です。

言葉は難しいかもしれませんが、工程は「料理」とほぼ同じなのでイメージはしやすいかなと思います。

また、最初は「材料(情報)収集→仕上げ」までを一気にするのは難しいので、円グラフなど一つずつ作ってみることをお勧めします。

 

更に、実際作っていると「ここってこのグラフを使った方が分かりやすいんじゃね?」みたいな閃き・アイデアも生まれてくると思います。その時は、思い付きに任せてアレンジすると面白いですね。

 

次回からは、実際に今回紹介した「4つのステップ」と同じ要領で「マイPF管理シート」を作成していきたいと思います。

実際の作り方を通じて紹介するので、今日の内容がいまいち分からなかった方は、実際の作り方を見ながら覚えてもらえればと思います。

 

Excel初心者向け本紹介コーナー

今回はこの本を紹介します。

 「あるある」で学ぶ忙しい人のためのExcel仕事術
「あるある」で学ぶ忙しい人のためのExcel仕事術 (できるビジネス)

「あるある」で学ぶ忙しい人のためのExcel仕事術 (できるビジネス)

 

 これはパソコン入門書として有名な「できるシリーズ」のExcel版書籍です。

私が読んだ感想としては、

前回紹介した「1分でも早く帰りたい人のためのパソコン仕事術」よりは少し難しい(初心者~中級者向け)ものの、

Excelを使っててうまれる

「これってどうやったらいいんだっけ?」

「これなんでうまいこといかないんだろう?」

といったExcelあるあるミスを上手にカバーしている本だな と思います。

なので、これからExcelを上達したいと思っている人におすすめの1冊です。

また、

amazon kindle unlimitedに入ってる方は無料で読める

らしいので是非一度読んでみては如何でしょうか?

「あるある」で学ぶ忙しい人のためのExcel仕事術 (できるビジネス)