イエティの雪だるま投資記

20代社会人の長期投資ブログ エナフンさんを師として「100万円長期投資」等に挑戦中 ツイッターやってます

エクかぶ#7 マイPF管理シート作り③ 後編 関数が得意になる方法

こんばんは イエティです。

今回は、「エクかぶ(Excel×株)スクール」の第7回です。(前回及び第1回はこちら)

前回(第6回)

エクかぶ#6 マイPF管理シート作り③ 前編 - イエティの雪だるま投資記

 第1回

エクかぶ#1 Excelが上達する2つのポイント - イエティの雪だるま投資記

今回の内容は、現在作成している「マイPF管理シート」の「情報整理」の後編で、

「関数」について紹介します。

関数を知らない、苦手な人でも簡単に使いこなせるようになるテクニック・考え方を解説しますよ。

目次

1.関数とは(概要)

2.関数の使い方・考え方

3.実践

1.関数とは(概要)

関数は「あったら便利」を叶えるもの

関数とは、SUMやIFなどExcelの計算などに用いられるツールです。

私は、エクかぶスクール第一回にて、関数のことを「料理をする上での調理器具」と例えました。

調理器具といえば、料理を作るためのもので、最近では「クックフォーミー」など、簡単・便利なものが沢山ありますよね。

関数もそれと同じで、自分が作りたい・欲しい情報を簡単に編み出す便利なものなのです。

2.関数の使い方・考え方

それでは、関数はどういった時に使えばいいのか。そのポイントを紹介します。

ポイントは、以下の3点です。

①「こんなのあったら便利」を見つける
②どうしたら出来そうか考える
③ネットで調べる

それでは、実際に現在作成している「Excel管理シート」を使って解説します。

https://yahoo.jp/box/y1rV4x

3.実践編

それでは、前回作成したExcelシートの「④仕上げ・盛り付け」シート内にある

「マイPF・週間成績」(B4・5セル)に入力した計算式を、関数を使ってバージョンアップしてみます。

(ここからは上のURLにあるデータを見ながら読んで頂くと分かりやすいと思います)

f:id:ieteli:20180917213235p:plain

f:id:ieteli:20180917213341p:plain

「マイPF・週間成績」(画像右側B4・5セル)には、「②材料集め!B5/②材料集め!B4-1」と入力することで、マイPFの週間成績を%表示しています。

しかし、この計算式には一つ不便な点があります。それは、データを更新した際、いちいち計算式を書き換える必要があることです。

そこで、関数の出番。さきほど説明した3つのポイントを使って、この計算式を書き換えいらずの便利なものにしてみましょう。

今回、注目する点は2つ。

・マイPFに入ってあるデータを数える

・指定のセルにある欲しい情報を引っ張ってくる

ことです。

そして、ネットで検索したところ「COUNTA」関数と「INDIRECT」関数を使うと出来そうです。それではやってみましょう。

f:id:ieteli:20180917214752p:plain

これが関数を使った求め方です。分かりやすいように、4つの工程に分けて書きました。後は、この計算式を別のシートに作っておいて、最後に出た0.05%の入ったセルを「完成シート」のハコの中に入れたら完成です。

また、慣れてきたら上記のシートを別にわざわざ作らなくても、以下の関数式で直接出すこともできます。一見難しそうですが、やっていることは上記の計算と全く同じです。

f:id:ieteli:20180917215446p:plain

 

まとめ

以上が関数の使い方です。いかがだったでしょうか。

私としては、エクかぶスクールの記事の中で、一番綺麗・整理された流れで書けたと思ってます(笑)

ただ、一つ言いたいことは、関数の使い方のポイントで

①「こんなのあったら便利」を見つける

②どうしたら出来そうか考える

③ネットで調べる

と紹介しましたが、Excel初心者・苦手な人には

「そもそもどうしたらいいかとか、ネットでどうやって調べていいかわからない!」

と思った人も多くいると思います。

確かにその通りです。

そこで、最後にこれができるようになる方法を2つ紹介します。それは、

1.「楽したい思考」を持つ(➡「毎回この作業してるけど正直めんどくさい! なんかいい方法ないん!?」的考えを持つ)

2.Excel関数で「何ができるか」知る(➡「よく使う関数」で検索してみてください。関数名や使い方は覚えなくていいです。つまり、困ったときに「そういや関数でこんなことできたよなぁ」と思う閃きが重要)

この2点です。

これで、関数に苦手意識を持っていた人にもチャレンジしてもらえれば嬉しいです。

 

次回は、いよいよ「PF管理シート」完成に向けて「見た目の整理・仕上げ」編に突入します。グラフなどを用いて、綺麗なExcelシートを作りましょう。

 

(後日、今回の内容を収録したExcelシートを配布します)